ホームページ制作ツール【公式】フリーコード – 500社以上に選ばれるSEO効果絶大のCMS

CMS Comparison
トップページ > 比較表

企業が選ぶ!ホームページCMSツール3大比較

企業がホームページ更新をするためのCMS「ホームページ更新システム」は、いま世の中の数多くのメーカーが様々なタイプの様々なサービスとして提供をしています。
近年では様々なデバイスやシステムが世の中に提供されている中で、「そのCMSはどのようなメリットデメリットがあるか?」などのテクノロジーやスペックを徹底分析し、みなさまに変わってCMS比較表としてまとめましたのでご紹介をさせて頂きます。せっかく大きな予算をかけてホームページを作成してみたものの、「ホームページの更新は万全!」のはずだったが導入したCMSが思いの外使いづらくてうまく運用が出来なかったり、サーバのことまで考えていなかったのでアクセスに耐えられずにサーバがダウンしてしまうなどの話もよく聞きます。また近年では海外からのサイバー攻撃など、ホームページのサーバやシステムの脆弱性を狙ったテロも急激に増加しています。自社のホームページがいつの間にか全く違うホームページに書き換わっていてそれを復旧するのに数百万以上かかってしまったり、システムの個人情報が漏洩してしまい大きな損害賠償に繋がってしまうリスクも抱えています。“ホームページの更新と運用”に想像以上に手間や時間がかかる事態になってしまうその前に…是非一度CMSの導入やリプレイスをご検討のみなさまに目を通して頂き、経営戦略上のホームページのリニューアルやCMS導入のヒント、そして社内のIT推進化の整備に向けてお役に立てて頂ければ幸いです。


500社以上の実績と充実サポートで安心♪

費用のお見積りやお問合せはこちら

0120-927-986

料金表が欲しい方はこちら



比較項目 オープンソース型 スクラッチ型 パッケージ型
製品
  • Wordpress(ワードプレス)
  • Movable Type(ムーバブルタイプ)
  • Joomla!
設計から
(OSやPKGを使う場合もあり)

  • Heartcore CMS(ハートコア)
  • BlueMonkey(Mtama)
  • CMS-8341(グローバルデザイン)
  • FREECODE(アドテクニカ)
特徴 比較的小規模のWEB制作事業者がテンプレートなどを利用してパッケージ製品のように提供されている。
サーバはベンダー側が選定している為スペック次第で価格が異なる。
脆弱性が高く常に世界中から攻撃を受け、誰かがパッチを開発するまでリカバリーに膨大な時間がかかる。

比較的大手のベンダーが大企業向けに構築を行う。
1からの設計のため運用スタートまでに時間がかかり、設計漏れなども多い。
マーケティングなどのノウハウが充実しているため、企画や広告運用・SEOなども含めた高価格なモデルとなる。

メーカーが独自開発したパッケージ型となるため、比較的シェアの高いものはバージョンアップされ高機能。
サーバはセキュリティ対策などが効率的に行えるためコスパも高い。
ユーザ目線でアップデートされていれば操作性も良く、多くのユーザのノウハウも提供してもらえる。

初期費用
ソースが無料で比較的低価格
× 設計からのため高額
テンプレートで比較的低価格
年間費用 ×
サーバ他選定により高額
× サーバ他選定により高額 比較的低価格で必要なものを網羅
サーバ費用 ×
別途費用がかかる
× 別途費用がかかる 高いパフォーマンスのサーバ
セキュリティ
対策費用

×
別途費用がかかる × 別途費用がかかる 最新のセキュリティ対策済み
バージョン
アップ費用

× 別途費用がかかる × 別途費用がかかる 定期的にバージョンアップ
機能
一部オプション
設計と費用次第
シェアの高いものは高機能
脆弱性
×
世界中から標的にされている

設計と費用次第

最新のセキュリティ対策済み
拡張性
設定費用がかかる
× カスタマイズ費用がかかる
ガジェット利用の費用がかかる
サポート
別途費用がかかる
別途費用がかかる 無料で定期サポート
サイト更新・
修正

× 限定された箇所のみ
設計と費用次第
自由度が高く、専門知識が不要
ノウハウ提供
ベンダーによる
ベンダーによる 効率的に高いノウハウを提供


500社以上の実績と充実サポートで安心♪

費用のお見積りやお問合せはこちら

0120-927-986

料金表が欲しい方はこちら


Contact

FREECODEに関する
お問い合わせ・お見積り等、
お気軽にご連絡ください。

0120-927-986受付時間:10:00〜17:00(土日祝祭日を除く)