ホームページ制作Magは、企業のためのホームページ制作マガジンです。

コンテンツマーケティングのメリット・デメリットとは?自社に向くか調べよう

コンテンツマーケティングのメリット・デメリットとは?自社に向くか調べよう

2021/10/06

1

「コンテンツマーケティングが良い」と話には聞いたことがあるものの、実際に何が良いのか知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではコンテンツマーケティングのメリットを紹介します。

デメリットや、コンテンツマーケティングを成功させるコツなども合わせて紹介しているのでご参考ください。

index

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングは多数のメリットがあります。

これから運用を考えている人は、数多くあるメリットに注目してみてください。

コンテンツは資産となり、ブランディングを高めたい場合におすすめです。

 

運用コストが低い

コンテンツマーケティングのメリットとして、運用コストの低さがあります。

運用コストの低さは、広告を使ったマーケティングと比較した場合です。

現在、集客のため高額な広告費用をかけているなら、コンテンツマーケティングに注目してみてください。

 

コンテンツマーケティングの費用は、極端な例でいえば無料ではじめられます。

無料ブログ、無料SNSを活用すれば、費用はかかりません。

費用をかける場合は、サーバーやドメイン費用くらいです。

 

一般的には、月数万円程度のコストがかかります。

また、外注する場合は、月数万円~50万円程度のコストを考慮しましょう。

外注は、CMSの設置から記事作成のための費用がかかります。

大きなメディアに成長すれば月数百万円のコストをかけていますが、最初からそこまで大きなメディアは少ないのではないでしょうか。

 

すべてを外注化すればコストはかかりますが、自社運営なら人件費・サーバー・ドメイン費用だけでもはじめられます。

 

コンテンツが資産になる

コンテンツマーケティングは、積み上げ式のスタイルです。

時間をかけるほど、メディアの価値が上がっていきます。

 

一方で、広告を使ったマーケティングだと、広告をやめると効果がなくなります。

広告で集客するためには、ずっと費用をかけ続けなければなりませんでした。

 

コンテンツマーケティングなら、投稿したコンテンツが資産になります。

サーバーから情報を削除しない限り、半永久的にコンテンツが残るでしょう。

検索エンジンで上位表示されたコンテンツは、検索エンジン経由で長期的にアクセスを呼び込むことができます。

 

広告は短期的な集客効果がありますが、長い目での集客効果を求めるならコンテンツマーケティングが向いています。

 

ファンを増やせる

コンテンツマーケティングは、良質な情報をユーザーに届ける方法です。

良い情報に触れたユーザーは、その企業に興味をもち、愛着を深めていくでしょう。

 

ファンになってくれたユーザーは、自ら拡散する効果があります。

SNSなどを通して第三者が口コミを投稿してくれると、良い効果をもたらします。

自社が商品をアピールする場合と比べて、実際に使った人の声は魅力的にうつりやすいでしょう。

 

また、コンテンツマーケティングはSNSとの相性の良さが特徴です。

自社で情報を発信しながら、ユーザーとコミュニケーションがとれます。

結果的に、競合との差別化ができる効果も期待できます。

 

ポジション戦略ができる

コンテンツマーケティングは、ポジション戦略に向いています。

ポジション戦略とは、自社の立ち位置を明確にしながら、他社との差別化を図る方法です。

簡単にいうと、「〇〇だったらあの企業」と思ってくれる戦略のことです。

 

似たような商品やサービスを提供する企業は多数あります。

そのなかで消費者に特別感をもってもらうため、立ち位置を絞り込みます。

特定のジャンルのなかで、絞り込んだターゲットのみを相手にする方法です。

 

ターゲットを絞り込むと、多くの人に情報が届かないと考えるかもしれません。

しかし、ポジショニング戦略では絞りこむことで、他社と戦わない方法をとります。

競合が狙っていない隙間をターゲットにする方法です。

また、狭い範囲でもユーザーの印象が強くなれば、結果的に幅広い層にも届くようになります。

 

アウトソーシングできる

いざコンテンツマーケティングをはじめても、上手くいかないことがあるでしょう。

しかし、近年ではコンテンツマーケティングが一般的になったことで、細分化した専門家が多く登場しました。

 

自社で対応できない部分や上手くいかない点は外注化できます。

アウトソーシングは作業の手間を削減するため便利でしょう。

自社で悪戦苦闘するよりも、費用をかけて専門家に依頼したほうが、効率が良いこともあります。

 

また、アウトソーシングは、クラウドソーシングの利用も可能です。

クラウドソーシングは個人との受け渡しが可能で、個別の作業を依頼できます。

必要な際だけ費用をかければ、予算が少ない企業でも取り組みやすいでしょう。

 

人材採用に役立つ

コンテンツを通してブランディングができると、採用につながるケースがあります。

採用につながる理由は、メディアの訪問者の層が広がるためです。

 

投稿するコンテンツは自由で、幅広いニーズの獲得ができるようになります。

自社を好きになってもらう層や、これから転職を考える層などに対してです。

ユーザーと良好な関係を築いていると、入社希望者が増える効果が期待できます。

企業の知名度もアップするため、働きたい人が増えるでしょう。

 

今まで採用に広告費を支払っていた企業は、コンテンツマーケティングで費用削減ができます。

自社の理念や商品に関心がある人が集まるため、採用のミスマッチが少ないでしょう。

求める人材が集まり、採用の手間が削減できます。

 

良質な記事はシェアされ被リンク獲得になる

コンテンツを通して良質な情報を提供すれば、シェアされやすくなります。

シェアされれば、メディアの価値が高まっていくでしょう。

とくに、SNSでのシェアは短期的なアクセスを呼び込む効果が期待できます。

 

シェアされるコンテンツがあれば、広告に頼らなくても済むようになります。

また、たくさんの人に見られる記事は、SEOの評価も高まっていくでしょう。

メディア自体の知名度もアップして、メディアの成長に役立ちます。

 

良質でシェアしたくなる記事は、以下のような特徴があります。

  • 面白いコンテンツ
  • 共感するコンテンツ
  • 有益なコンテンツ
  • 人気のあるコンテンツ

 

幅広いコンテンツを活用しながら、ユーザーにシェアしてもらいましょう。

コンテンツが人気になると、ユーザーは流行りに遅れたくない、他人から評価されたい想いから、より拡散されやすくなります。

 

プラットフォームに依存しなくていい

コンテンツマーケティングは、自社メディアの運営です。

他社のプラットフォームに依存しなくてよく、自社でコントロールができるようになります。

 

特定のプラットフォームに依存すると、限られたマーケットしか狙えません。

もし、利用しているマーケットが縮小すれば、自社の売上も一緒に落ちてしまいます。

一方で、自社メディアならマーケットに限りがなく、必要に応じてチャネルを追加できるでしょう。

 

また、近年のSNS離れに対応するためにも、自社メディアの運用がおすすめです。

とくにSNS離れがみられるのは若年層です。

なぜSNS離れが出てきたのかというと、映える写真の投稿や、日常とかけ離れた投稿に疲れた人が増えているためです。

 

コンテンツマーケティングなら、SNS疲れのユーザーにも対応できます。

ユーザーと直接つながる方法のため、特定のプラットフォームに依存しません。

 

リストマーケティングに役立つ

コンテンツマーケティングは、メディアからリストを取ることができます。

リストマーケティングとは、手に入れる事の出来た顧客のリストを使い、直接セールスする方法のことです。

一方で、広告のようなマーケティングは、ダイレクトレスポンス型といいます。

 

リストマーケティングの良さは、自社商品の魅力を伝えやすい点です。

そもそも自社に興味を持って個人の情報を登録した経緯があります。

何も知らない状態からセールスをするわけではないため、ネガティブな反応が低いでしょう。

定期的にセールスを続ければ、広告費で悩むこともなくなります。

 

広告の場合は、衝動的な購買になりやすくリピーターの割合は少ない傾向があります。

すると繰り返し広告を出し続けなければなりません。

リストマーケティングなら、見込み客へ直接のアプローチが可能で、長期で安定した収益が見込めます。

コンテンツマーケティングのデメリット

コンテンツマーケティングは魅力的な部分がある一方で、デメリットもあります。

デメリットは数が少ないのですが、確認を怠ると成果が出ない場合があるため注意してください。

 

効果が出るには時間がかかる

コンテンツマーケティングは、短期間で成果を出すことはできません。

成果が出る目安は、3~6か月くらいです。

すぐに成果がでないと経営を維持できないなら、コンテンツマーケティングは向いていないでしょう。

 

効果が出るのに時間がかかる理由は、コンテンツのSEO評価の時間がかかるからです。

検索エンジンでの流入を期待するなら、SEO評価を得ることは必須です。

コンテンツが認識されてから上位表示がされるまでは、早くて数週間、遅くて半年ぐらいかかります。

 

また、コンテンツの作成には時間がかかります。

SEOの評価を高めるため、良質な記事を作成しなければならないためです。

実は、コンテンツ作成の段階でつまずく企業は少なくありません。

 

ただし、コンテンツ作成は外注もできるため、限界を感じたら専門家の力を借りるといいでしょう。

 

継続が難しい

コンテンツマーケティングは、継続性も課題のひとつです。

最初は意欲を高めることは可能でも、長期的になるとモチベーションが続かない人は少なくありません。

 

コンテンツの配信は、できれば1日1回が理想です。

毎日続けるのは意外と大変なため、挫折しない対策が求められます。

とくに、他の業務もやっているスタッフが担当だと、継続性が難しいのではないでしょうか。

 

継続性に対する問題も、外注する対策があります。

また、自社運営では1人に負担がかからないようにしましょう。

 

スタッフのモチベーション維持の対策では、自分がやっている作業に価値を感じてもらえる対策が有効です。

評価が目に見える形になっていれば、モチベーション維持に役立ちます。

 

記事を公開しても見られる保証がない

コンテンツマーケティングは、結果が出る保証がありません。

評価は自社でコントロールできないため、途中で挫折する恐れがあるでしょう。

 

とくに成果が出ないのは、以下のようなケースです。

  • SEOの評価が得られない
  • SNSでシェアされない

 

ただし、コンテンツマーケティングは、自分たちで改善できる点もあるのが魅力です。

評価は明確なデータとして現れるため、足りない部分がわかりやすいでしょう。

コンテンツは投稿してから修正や見直しをしながら、少しずつ改善する気持ちが大切です。

 

また、短期的に成果が現れなくても、コツコツとした施策が長期的に効いてくるものです。

目先の成果にとらわれず、中期や長期的にみるようにしましょう。

 

なぜコンテンツマーケティングが注目されているのか?

コンテンツマーケティングの概要を理解しても、選択できない人がいるかもしれません。

さらに一歩進んだ形として、コンテンツマーケティングが注目されている理由をみていきましょう。

 

売り込みが通用しなくなってきている

第一の理由としては、売り込みが通用しなくなってきた背景があります。

今までのセースルといえば、CMや広告を使って大々的に宣伝する方法でした。

商品の魅力を一方的に伝える方法で、興味をもった人が商品やサービスを申し込んでいました。

 

また、テレアポイントや訪問販売も、売り込み型の営業だといえるでしょう。

昔は通用する方法でも、今は手口が広まっているため、セールストークに乗せられる人の割合は減ってきている傾向があります。

 

ユーザーは自分で情報収取するようになった

売り込みに慣れてきた消費者は、自分で情報を取りにいくようになりました。

何か商品に興味をもつと、口コミを調べてから買う人は少なくありません。

 

消費者が情報を取りにいくようになった理由は、多くの情報が揃ってきたからです。

以前ならセールスや広告でしか情報を得られませんでした。

しかし、今ならネット検索すれば多くの情報が入手できるようになりました。

 

このように消費者は商品を申しむ前に、自分で調べることが当たり前になっています。

だからこそ、良い情報を届けるコンテンツマーケティングが注目されているのです。

コンテンツマーケティングを成功させるコツ

続いて、コンテンツマーケティングを成功させるコツを紹介します。

コンテンツの魅力に気付いても、まだ不十分かもしれません。

ゴールは成功させることのため、戦略的に進めていきましょう。

 

最終目標を設定する

コンテンツマーケティングを継続させるため、最終目標を設定しましょう。

誰でも、先がみえない取り組みは不安になり、続けることはできないでしょう。

しかし、最終目標を設定することで、チーム全体が同じ目標へと進みやすく、成果も出やすくなります。

 

最終目標は、メディアごとに異なるでしょう。

  • 〇〇円の売上をアップさせる
  • 獲得件数〇件を達成させる

など、具体的な数値で出せるのが最適です。

 

最終目標が明確になると、ゴールから逆算して必要な施策がわかるようになります。

 

外注を有効に活用する

コスト削減を考えると、自社スタッフですべて作業しようとするかもしれません。

しかし、通常の業務との併用だと、良い記事作成ができない場合があります。

効率良く作業を進めるためにも、外注を有効に活用しましょう。

 

外注するといいのは、以下のような作業です。

  • キーワード抽出
  • 記事の執筆
  • SEO対策

これらの作業を外部に委託すると、専門知識がある人に対応してもらえます。

質の良いコンテンツを保ちながら、量も確保しやすいでしょう。

 

ツールを活用する

明確なデータを活用するため、ツールを使いましょう。

ツールは、アクセス解析・キーワードツールなどがあります。

 

なお、当社SEO対策ツール「SEOロボ」では大手検索エンジンに対応したサイト分析が可能。

さらには27種類もの多彩な機能でSEO対策をサポートします。

詳細につきましては以下ページをご参考ください。

 

SEOロボ

 

また他にも、アクセス解析にはGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどのツールがあります。

  • 検索流入キーワード
  • 滞在時間
  • ゴールの到達率

これらのデータが確認できます。

 

また、キーワード選定では、Googleキーワードプランナーなどがあります。

ツールでは、キーワードの検索回数を調べることができるでしょう。

  • 検索ボリュームが多いと難易度が高い
  • 検索ボリューム0は知りたい人がいない
  • 100~2,000は最初に狙うキーワード

このように検索ボリューム数にあわせて、最初に取り組むキーワード、メディアが育ってから取り組むキーワードに分けていきます。

 

ペルソナを設定する

コンテンツマーケティングでは、ペルソナの設定が重要です。

ペルソナが重要な理由は、特定のターゲットに共感されるコンテンツにしたいためです。

不特定多数の人に呼び掛けても振り向いてくれませんが、自分事になるとユーザーとの信頼関係を築くことができるでしょう。

 

ペルソナの設定は、複数項目で考えてください。

  • 年齢
  • 性別
  • 家族構成
  • 居住地
  • 収入
  • ライフスタイル

 

詳細なペルソナを設定すると、ユーザーの隠れた気持ちが理解できます。

ユーザー自身も気付いていない本音にアプローチすると、共感や関心を得ることができます。

 

コンテンツマーケティングの記事の種類について

コンテンツマーケティングで扱う記事は種類があります。

良い情報を届さえすれば成功するわけではないのです。

公開する記事は1つだけでなく、複数の形で提供するようにしましょう。

 

コラム記事

コラム記事は、自分の問題を認知していない人に向けた記事です。

日常生活で大きな悩みはないのですが、何となく気になることがある程度です。

コラム記事では、直接商品を紹介するのではなく、その前段階の疑問に気付いてもらうことを狙います。

 

たとえば、寝つきが悪いことはわかっていても、その原因まで理解していない状態です。

原因や問題点を記事で提示すれば、改善が必要だと理解してもらえるでしょう。

ユーザーに問題提起をして、解決したい問題だと認識してもらいます。

 

お役立ち記事

お役立ち記事は、疑問に対する解決策を提示するための記事です。

コラム記事で問題を理解した人が、次に読んでくれる可能性があります。

または、自分で問題を認識している人も、解決策を求めているでしょう。

 

たとえば、寝つきが悪い原因はさまざまです。

ユーザーの問題がどこにあるか認識してもらうため、さまざまな解決法を提示します。

具体的な解決法がわかったユーザーは、商品購入を検討するかもしれません。

 

まとめ記事

まとめ記事とは、ユーザーの読みやすさを重視した記事です。

サイト全体にちらばる記事を1つにまとめ、問題提起から解決法まで読んでもらうことを狙っています。

 

また、まとめ記事は内部リンクが入るため、SEO効果が期待できます。

サイト全体の回遊率が上がり、滞在時間もアップして、サイト全体の評価が上がりやすいでしょう。

 

専門家による記事

ユーザーの信頼獲得のため、専門家による記事があります。

専門家に直接執筆してもらう、専門家に監修してもらう記事のことです。

 

また、専門家による記事は、検索エンジンからの評価が高まります。

誰が作成したかわからない記事と比べて、専門家の記事は信頼性が高まるためです。

 

実際に、Googleの検索品質評価ガイドラインでも、「E-A-T」項目があります。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)のことです。

 

インタビューやレビュー記事

第三者の声を掲載するのが、インタビューやレビュー記事です。

消費者は商品を買う前に情報を調べると説明したのを覚えているでしょうか。

インタビューやレビュー記事で、ユーザーの満足度を高めることができます。

 

コラム記事やお役立ち記事からリンクを貼ると、自然な形でユーザーは口コミを見てくれます。

第三者の口コミは、公式サイトにはない情報が隠れているものです。

ユーザーが知りたい情報を得られれば、購買のきっかけとなる場合があります。

 

活用方法の記事

活用方法の記事は、商品を購入した人向けの記事です。

購入者向けに便利な情報を発信することで、リピーターになってくれるかもしれません。

新規顧客へ向けた記事だけでなく、既存顧客も大切にしてください。

 

リピート率が高まれば、広告費をかけて集客しなくて済むようになります。

人によっては繰り返し購入してくれる場合もあるため、活用方法の記事で接点を保つようにしてください。

 

なお、アドテクニカではコンテンツマーケティングシステム「FREE PRESS(フリープレス)」を提供しています。

記事作成に役立つ充実したコンテンツを簡単に作れます。

具体的な機能は以下のページをご参考ください。

 

FREE PRESS(フリープレス

コンテンツマーケティングで効率良い集客を叶えよう

コンテンツマーケティングの良さは、ユーザーとの良い関係性を保てることです。

また、情報を検索するユーザーも自然な形で取り込みやすいでしょう。

 

近年では、広告やセールスの効果が弱くなっているため、コンテンツマーケティングをはじめる企業は少なくありません。

現代にあった集客方法を考えているなら、コンテンツマーケティングはおすすめです。

 

ただし、効果が出るには時間がかかることは覚えておいてください。

継続が重要となってくるため、部分的な外注を活用しながら、効率の良い作業にする方法もいいでしょう。

自社にあった方法を試しながら、最適なやり方をみつけてください。



 

ホームページの改善点を無料で診断
著書プロフィール:ホームページ制作Lab

ホームページ制作Labは、デジタルマーケティングに精通した資格保有する専門家集団による情報メディアです。上場企業をはじめ、中堅大手企業500社以上に提供する”SEO”に強いホームページ制作の豊富な経験から得たノウハウやアナリティクス傾向分析し、幅広く専門的な情報をお届けします。
主な資格:WEB検定・GAIQ・WEB解析士

運営会社 株式会社アドテクニカ

「世界中のコミュニケーションをクラウドで最適に」することをミッションとして掲げ、2000社以上の法人向けのデジタルコミュニケーションとデジタルマーケティング領域のクラウドサービスの開発提供を行う防災先進県静岡の企業。1977年創業後、インターネット黎明期の1998年にドメイン取得し中堅大手企業向けにインターネットビジネスを拡大。”人と人とのコミュニケーションをデザインする”ためのテクノロジーを通じて、安心安全で快適な『心地良い』ソリューションを提供している。

事業内容
デジタルマーケティング支援
デジタルコミュニケーションプラットフォーム開発提供
認定資格
ISMS ISO/IEC27001 JISQ27001認定事業者(認定番号IA165279)
プライバシーマーク JISQ15001取得事業者(登録番号10824463(02))
ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定事業者(認定番号0239-2004)