ホームページ制作Magは、企業のためのホームページ制作マガジンです。

コンテンツマーケティングの市場規模とは?課題から有効な方法まで

コンテンツマーケティングの市場規模とは?課題から有効な方法まで

2021/10/27

1

コンテンツマーケティングはまずユーザーに価値のあるコンテンツを提供し、ユーザーに見つけてもらいます。

そしてニーズを育てて製品やサービスを購買され、その結果ユーザーがファンになるよう育てる手法です。

あらゆる手法が存在し、手法ごとに市場規模は異なります。

ここではコンテンツマーケティングごとの市場規模を解説し、今後有効な可能性のある手法を紹介します。

 

 

index

コンテンツマーケティングとWebマーケティングの違い

コンテンツマーケティングとWebマーケティングは、言葉が似ていても、詳細は異なります。

2つの特徴を理解して違いを知り、自社のマーケティングに生かしましょう。

 

webマーケティングとは?

 

Webマーケティングは、例えば売上高やアクセス数などある数値目標達成のために行う手段全般をさします

部分的な広告手法を行うだけでなく、マーケティングの全体像を理解して過程はもちろん主流となるWeb媒体や広告、活用した集客方法、アクセス解析など広い知識が求められます。

 

トレンドを理解するには知識に限らずWebを扱う技術も必要であり、難しい場合は専門業者の力を借りる方法もあります。

 

コンテンツマーケティングとは?

 

コンテンツマーケティングは、会社からターゲットへ売り込む方法ではありません。

ターゲットの方から企業の製品やサービスに興味を持つよう、コンテンツを提供する手法です。

 

ユーザーが有益と感じるコンテンツをきっかけに、企業が思いもよらなかった層から高い評価・人気を得る場合もあります。

コンテンツを継続的に充実させるとユーザーはくり返しコンテンツを閲覧し、ますますファン意識を高め購買意欲を誘うマーケティング手法です。

 

コンテンツマーケティングは一方的な宣伝と違ってユーザーと人間関係をはぐくむ方法で、一度ファンになると離れにくいメリットもあります。

 

コンテンツマーケティングの市場規模

コンテンツマーケティングの手法はさまざまで、まとめての比較が難しいため手法ごとに市場規模を紹介します。

市場規模の変化を知ると将来の流れを予測でき、自社にあったコンテンツマーケティングがわかるはずです。

 

SEO

 

インターネットはますます普及しており、SEOによるコンテンツマーケティング手法は重要さが高まっています。

SEOの市場規模は2014年で356億円、その4年後2018年では500億円を超えるとの予測がありました。

参考:PR TIMES「2016年度版国内SEO市場予測 (2014-2018)」

コロナ禍の影響でこれまでインターネットを利用しなかった層も利用を始め、高齢者へのスマートフォン普及も手伝って、SEOの市場規模はさらに拡大すると予想されます。

 

コンテンツ制作のアウトソーシング

 

コンテンツマーケティングを行いたい企業全てが、コンテンツ制作に長けているわけではありません。

そのためコンテンツ制作を外部へ発注し、マーケティングを行う企業も増えています。

 

実際2016年に行われた調査のレポートによるとコンテンツマーケティングを行う企業の6割以上がアウトソーシングに頼っている結果が出ています。

ウェブに強い人材がいなくてもプロに依頼し、定期的に更新依頼ができれば取り組めるはずです。

 

SNSマーケティング

 

インフルエンサーとは特定の層へ大きな影響を与える人をいいますが、SNSマーケティングではインフルエンサーの力を借ります。

例えばYouTuberやインスタグラマーがインフルエンサーにあたり、フォロワー数が多いほど影響力は高いと言えます。

 

2010年は0.4割だったスマートフォンの割合も、その後2021年には9割を超えました。

スマートフォンの普及率の上昇もSNSの普及と関連があり、今後さらに重要なマーケティング手法になるでしょう。

 

インターネット広告

 

インターネット広告の市場規模は、2019年の1兆6630億円に対し2020年は1兆7567億円に伸びています。

2019年から2020年の間に減少した広告は、検索連動型・ディスプレイ広告・成功報酬型で、反対に増加した広告はビデオ(動画)広告でした。

 

この結果から、動画広告にすると今後ユーザーの目に止まりやすいと期待できます。

今後5G回線の普及を初めインターネット技術の発達により、さらに動画広告にひかれるユーザーは増えそうです。

 

日米のコンテンツマーケティング比較

 

コンテンツマーケティング施策の目的は、日本の場合コンバージョン獲得、アメリカは加えてブランドの認知や顧客ロイヤリティの向上まで広く総合的な判断をする傾向にあります。

効果指標にも違いがあり、日本はコンバージョンとトラフィックがメインですが、アメリカはSNSでのシェアやホームページの滞在時間など複数の指標をもとに判断しています。

 

コンテンツマーケティング市場規模はなぜ成長している?

 

どのコンテンツマーケティングも市場規模を拡大しており、市場全体が今後も伸びる可能性は高いです。

中でもインターネットの進化やスマートフォンの普及により動画コンテンツは急成長を見せています。

 

伸び率はSNSマーケティングが非常に大きく、これまでの企業が働きかける広告を避ける人が増えている現状も影響しています。

コンテンツマーケティングは興味を持った人にのみ宣伝できるため、顧客見込みのない人をできるだけ避けられるため費用対効果の高いメリットもあります。

 

コンテンツマーケティングの課題

コンテンツマーケティングの市場規模は世界的に拡大し重要になっているものの、行えば誰でも成功するわけではありません。

コンテンツマーケティングの課題を知り、成功するポイントを把握しましょう。

 

コンテンツ制作のリソースを確保

 

市場規模が大きくなり続けるコンテンツマーケティングは中長期的施策です。

しかし自社で継続してリソースを確保できない企業もなくありません。

ウェブやコンテンツマーケティングの初歩的な知識もないままスタートすると、意図しない内容になる、または全く効果を期待できない可能性があります。

 

せっかく形を準備したコンテンツでも、そのまま更新が滞れば意味がなくなってしまいます。

自社でコンテンツ制作担当者をつけられれば良いですが、難しい場合は外注化して負担なく継続的にコンテンツを用意できることが必要です。

 

コンテンツ制作の人材育成

 

ホームページ制作会社やクラウドソーシングサービスへコンテンツ制作をプロに依頼する方法は便利ですが費用がかかります。

自社の目的に合う内容のコンテンツをつくり、長い間運営するにはその分の料金負担が欠かせません。

 

いずれひとつのコンテンツだけでなく複数のコンテンツでマーケティングを行う場合、そのたび費用がかさみます。

外注するよりも社内でコンテンツマーケティングを担当できる人材を育成し、必要なときはすぐ対応できる準備がある方が、費用を抑えられる上に対応の速さを期待できます。

 

現在社内でだれもコンテンツ制作を指導できる人材がいない企業もあるでしょう。

ホームページ制作会社の中には、聞き取ったとおりの制作をするだけでなく運営方法やカスタマイズ方法の指導を行う業者もあります。

そこまでのサポートがある業者を選んでコンテンツ制作を依頼すると、自社の担当者に勉強をさせつつコンテンツの充実が図れて一石二鳥です。

 

SNSの理解と活用

 

ユーザーの中にはビジネスとプライベートの両方でSNSを上手に扱い活用している人が増えています。

SNSをうまく使い分けする人々を相手にコンテンツマーケティングを成功させるには、ユーザーにとって最適な形での情報発信がポイントです。

 

SNSアカウントを取得し運用する企業は増えていますが、まだそれほど情報発信に活用されていない現状があります。

SNSごとの特徴とターゲット層を知り自社に合ったSNSを選んで運用することが、コンテンツマーケティングが成功する第一歩です。

 

企業によっては、上司の理解不足や効果指標の決め方がわからないなどの理由によりSNSマーケティングが進まずにいる場合もあります。

まずは社内でSNS理解を深めるところから始めてみましょう。

 

作成したコンテンツのチェック

 

コンテンツマーケティングのために作成した内容は、作って終わりではありません。

作成した内容の最終チェックはもちろん、その後も内容にずれがないかチェックが必要です。

作成したコンテンツのチェックポイントを知り、ユーザーが見たいと思うコンテンツを用意できているか確かめましょう。

 

ユーザーの求める価値があるか

ユーザーが興味を持ち自社商品やサービスについてホームページ内を閲覧することが最初の目的です。

そこから商品やサービスの利用・問い合わせなどに結びつけるため、またファンになってもらうためには、ユーザーにとって有用な情報の掲載は不可欠です。

 

企業は自社製品やサービスの魅力を知っており良さを伝えたいと思うものの、ただ機能を紹介するばかりではユーザーは魅力を感じにくくなります。

ユーザー目線に立ち、ユーザーの抱える悩みを解決する情報や面白さを感じる内容を扱うコンテンツをユーザーは価値があると判断します。

 

自社を正しくアピールしているか

例え面白く多数の人が興味を持つコンテンツであっても、会社と無関係の内容では集客につながりません。

ユーモアのあるコンテンツを自社商品やサービスの購入などへつなげられれば有効ですが、ただ見て楽しいだけではアピールが難しいでしょう。

 

自社を正しくアピールするには、製品やサービスに関連した内容でユーザーが魅力を感じるコンテンツ作成がポイントです。

 

定期的に検証し更新しているか

集客目的のコンテンツは完成がなく、常に内容を検証し、その時々でユーザーが興味をひく状態に更新が必要です。

作ったままでは情報が古くなり、再度訪れたユーザーが飽きてしまい訪問しなくなる場合があります。

 

コンテンツマーケティングのコンテンツは効果検証が大切で、集客に役立ったかのデータを元に、さらにユーザーが求める内容への更新を行いましょう。

定期的な更新があるコンテンツにはユーザーが定期的に足を運びやすく、売上アップなど目的達成に近づきます。

 

ユーザーにわかりやすい内容・表現か

コンテンツはユーザーが見るために制作し、会社側の自己満足で終わらないよう注意しましょう。

BtoB企業がユーザーの場合、企業と同様に専門的な知識を持っており内容が通じる可能性もあります。

 

しかし一般消費者がメイン顧客の商品やサービスの場合、企業側が専門用語や専門的な説明をしてもユーザーは良さを実感しづらくなります。

そのため企業が提供するコンテンツはターゲットユーザーの立場に立って検証し、内容や表現方法が適切か見極めて公開しましょう。

 

コンテンツマーケティングの有効な手法

コンテンツマーケティングの市場規模は今後もますます拡大すると予想されます。

ユーザーの求めるコンテンツが提供できるとそれだけ自社製品やサービスの認知度アップや売上の向上に役立つと期待できます。

 

これからコンテンツマーケティングを始めたい人のために、有効といわれる手法を紹介します。

 

動画

 

さまざまなコンテンツマーケティング手法の中でも、動画はスマートフォンの普及により市場規模が急成長しています。

動画を使ったコンテンツマーケティングの方法や注意点を知り、さっそく始めましょう。

 

急成長中の動画によるコンテンツマーケティング

動画の視聴は年齢を問わず気軽に行う風潮になってきました。

動画はこれまでの静止画や文章での宣伝よりも多くの情報を一度に伝えられるメリットがあります

たった一言の言葉でも動画にして見聞きした場合、その言葉を目にしたときの約5000倍の情報を伝えられるといわれます。

 

SNSの普及により個人が良いと思った情報を簡単に発信できる環境ができつつあります。

動画コンテンツが拡散されると短くても多くの情報を提供でき、商品やサービスへの理解をユーザーが深めやすくなります。

ユーザーが良いと思う動画は拡散されやすく強い印象づけも叶うため、心に残る動画づくりでコンテンツマーケティングを成功させる企業も増えています。

動画制作で重視するポイント

動画制作ではペルソナを明確にし、見始めから5秒以内に視聴者が興味を惹く作りにしましょう。

最初の3~5秒で見続けるか判断するといわれるため、伝えたいことをその間に含めます。

動画サムネイルには情報を詰め込みたくなりますがテーマをひとつにしぼり、ユーザーが迷わないつくりにします。

 

最初に興味を持って動画を見始めてもあまりに長いと飽きてしまうため、30秒~長くても3分以内にまとめると最後まで見てもらいやすい動画になります。

 

バイラルコンテンツ

 

まるでウイルスのように爆発的に広がりやすいコンテンツを指し、思わずユーザーが拡散したくなるコンテンツです。

印象的な動画は最も拡散されやすいですが、動画に限らず画像や文章などもバイラルコンテンツになることはできます。

 

感情に訴えかけて印象に残り、普通ではないまたは面白みがあると感じさせつつ、さっと見られる・読めるコンテンツがポイントです。

 

意見交換会や質問受付

 

自社の製品やサービスに対するユーザーからの意見や質問を積極的に受けつける機会を設けます。

企業が前向きにユーザーの声を受け対応する様子を他のユーザーが目にしその情報を参考にできます。

意見や質問が継続して届くようになれば、定期的に更新可能なコンテンツになります。

 

ブログ作成・記事投稿

 

コンテンツ制作初心者でも始めやすいブログ作成・記事投稿ですが、記事を読んだユーザーの生活の質アップをポイントに投稿しましょう。

読みづらい横文字をできるだけなくす、確かな情報をもとに書き必要があれば情報元も記載するなど信用される配慮も必要です。

 

ブログ記事はたまたま目に止まって読むユーザーもいるため、目を引くタイトルにしつつ内容とタイトルの一致も重視しましょう。

ブログのファンになり継続して訪問するユーザーが将来的に自社の顧客になる可能性があります。

 

コンテンツマーケティングの市場規模を知って有効なコンテンツをつくろう

コンテンツマーケティングの種類により市場規模は異なるものの、どの市場も成長過程にあります。

今後ますます成長する可能性があり、コンテンツマーケティングへは企業の発展に重要な内容です。

 

コンテンツマーケティングには急成長する動画コンテンツを始め、バイラルコンテンツの提供や意見交換会・質問受付の設置・ブログ開設などあらゆる手法があります。

自社のタイプや目的に合う手法を採用し対応可能な人材育成も行いながら、時代に合ったマーケティングを成功させましょう。


コンテンツマーケティングの施策の一環として、コンテンツ制作・運用を検討される際には、当社のホームページ制作ツール「FREE CODE(フリーコード)」をぜひご活用ください。

 

ホームページの改善点を無料で診断
著書プロフィール:ホームページ制作Lab

ホームページ制作Labは、デジタルマーケティングに精通した資格保有する専門家集団による情報メディアです。上場企業をはじめ、中堅大手企業500社以上に提供する”SEO”に強いホームページ制作の豊富な経験から得たノウハウやアナリティクス傾向分析し、幅広く専門的な情報をお届けします。
主な資格:WEB検定・GAIQ・WEB解析士

運営会社 株式会社アドテクニカ

「世界中のコミュニケーションをクラウドで最適に」することをミッションとして掲げ、2000社以上の法人向けのデジタルコミュニケーションとデジタルマーケティング領域のクラウドサービスの開発提供を行う防災先進県静岡の企業。1977年創業後、インターネット黎明期の1998年にドメイン取得し中堅大手企業向けにインターネットビジネスを拡大。”人と人とのコミュニケーションをデザインする”ためのテクノロジーを通じて、安心安全で快適な『心地良い』ソリューションを提供している。

事業内容
デジタルマーケティング支援
デジタルコミュニケーションプラットフォーム開発提供
認定資格
ISMS ISO/IEC27001 JISQ27001認定事業者(認定番号IA165279)
プライバシーマーク JISQ15001取得事業者(登録番号10824463(02))
ASP・SaaSの安全・信頼性に係る情報開示認定事業者(認定番号0239-2004)