静岡のホームページ制作【公式】ホームページ制作Lab

データから見る!中堅大手企業におけるホームページ課題ランキング
トップページ > データから見る!中堅大手企業におけるホームページ課題ランキング
女性 イラスト

オンラインでのコンサルです。お気軽にどうぞ。

データから見る!中堅大手企業におけるホームページの課題ランキング


はじめに

 わたしたちは“楽しく快適で心地良い顧客体験の提供”をミッションに掲げ、国内トップクラスの純国産CMS開発とWEBマーケティング支援を行っています。
1978年にデザインプロダクションとして創業し、ITインフラ高度化の環境変化の中、インターネット事業への領域へ転換し拡大。インターネット黎明期より長年培った「デザイン」と「マーケティング」の両輪で、経営目標や事業戦略を支援させていただいております。中堅・大手企業様をはじめとした変化する経営環境の課題に対し、マーケティングとテクノロジーの豊富なアイデアとノウハウであなたの成長を支えます。



【2021年度版】データから見る!中堅大手企業におけるホームページの課題ランキング




全世界のIPトラフィック数 全世界のWEBサイト数
国内のWEB制作会社はおよそ18,000社

 DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進など、インターネット技術の発展・浸透により、企業のWEBマーケティングは変化への対応を求められています。中でも、ユーザの受け皿となるホームページは、WEBマーケティングにおける要といえるでしょう。

今回は中堅大手企業様向けに行ったアンケートで明らかになった、企業のWEBマーケティングやホームページにおける課題をランキング形式でご紹介いたします。ニューノーマルに向けたDX推進や、新分野への事業転換に向け

「どこからWEBマーケティングに手を付ければよいのか?」
「どのようにホームページを再構築したらよいのか?」
「いま見込客獲得を強化したいがどのような方法があるか?」

こんなお悩みを抱える経営者やマーケ担当のみなさまにぜひ一度目を通して頂き、今後の経営戦略や事業拡大の「マーケティング」のヒントとしてお役立て頂ければ幸いです。




「あなたは現在ホームページのどこに不満を感じていますか?」アンケートによるホームページの課題ランキング【トップ5】



1位
そもそもアクセス数が少ない

27.3%

 ホームページが一つのメディアとしての価値を高めるには視聴率、“どれだけ多くの人に閲覧されているか”いわゆるPV(ページビュー)やUU(ユニークユーザ)などの注目度を測るための指標が使われます。

たとえば人通りの多い銀座や六本木の路面店と同様に、視聴率の高さが効果的なマーケティングに有効であることは言うまでもありません。その鍵はインターネット検索で国内77%が利用するGoogleでの上位表示に他なりません。狙っている検索ワードで上位表示されれば、それだけ多くの人の目に触れる可能性が高まります。それではどのようにしたら検索順位をあげられるでしょうか?

▶さらに続きを見る



お悩みにズバッとお答えします!無料コンサルティングはこちら

40年間分のノウハウをご紹介!セミナー開催中




2位
管理者が不在で更新ができない

26.8%



ユーザがホームページを閲覧する大きな理由は「情報」収集です。その「情報」は最新で正確なものでなければユーザの期待に応えることはできません。インターネットの発展により誰もが自由に情報を探すことができる現代において、企業の最新で正解な情報発信はマーケティングの観点からも非常に重要です。そして、その発信元となるのはホームページです。

更新をおろそかにし新しい情報が発信されないホームページでは、ユーザの目的を果たすことはできません。では、誰もが気軽に有益な情報の更新ができるようにするにはどうしたらよいでしょうか?





誰でも簡単に更新できる!
CMS「FREE CODE」無料トライアルはこちら

高い安全性を保持!
CMS「FREE CODE」無料トライアルはこちら




3位
問い合わせや資料請求が少ない

16.3%



BtoBのシーンにおいてホームページにユーザが求める機能は、そのほとんどが「情報収集」です。会社情報や商品・サービスの情報など、ユーザは知りたい情報を求めてホームページを訪れます。新しい先端技術や専門的なノウハウなどについて、資料などのホワイトペーパーやセミナーを通じて得られるあらゆる有益な知見をユーザは探しています。

しかしそこに求めている情報がなければ、ユーザはすぐに離脱してしまうでしょう。

逆に言えば、ユーザが求める情報をまとめた有益なコンテンツがあれば、問い合わせや資料請求へとつながり、新たな見込み顧客の獲得の可能性が高まります。
それでは、ユーザが求めている情報を探り、最適なコンテンツを設計するためにはどうすればよいでしょうか?

▶さらに続きを見る




40年間分のノウハウをご紹介!セミナー開催中

お悩みにズバッとお答えします!無料コンサルティングはこちら




4位
デザインが古くスマホにも対応できていない

14.7%


スマートフォンの普及とともに、情報収集におけるインターネットの重要性は高まってきています。中でもBtoBの商取引におけるホームページは、プラットフォームとして必要不可欠です。
そのホームページは企業の実態として、多様化するあらゆるデバイスやOSでの見やすさや使いやすさも求められます。

ホームページが多種多様なスマホなどのデバイスやOSで閲覧できなかったり、デザインが古く情報収集するのが難しければ、新たな顧客獲得のチャンスを逃してしまうことにつながります。
そのWEBデザインは企業の良質なブランドイメージとして形成もされます。政府のDX推進の方針により官民ともにリモートは加速し、益々ホームページ閲覧者は増加します。

では、ユーザから見た企業の良質なブランドやイメージを形成するWEBデザインにするためには、どのようにしたらよいのでしょうか?

▶さらに続きを見る

82355539

スマホ対応も簡単!
CMS「FREE CODE」無料トライアルはこちら




5位
セキュリティ対策などその他に問題がある

7.3%



2021年1月にIPA(独立行政法人 情報処理推進機構、以下IPA)が発表した「ソフトウェア等の脆弱性情報に関する届出状況」では、2020年10月~12月の3ヶ月間における脆弱性の届け出303件のうちWEBサイトに関する脆弱性が70%を超えています。

近年増え続けるサイバーインシデントの驚異にはどのようなものがあり、どのように対策していく必要があるでしょうか?
詳しくご紹介したいと思います。

▶さらに続きを見る



高い安全性を保持!
CMS「FREE CODE」無料トライアルはこちら




・調査方法:インターネット調査
・対象:企業のWEB担当者142名
・複数回答可、総回答数:190に対する割合
・調査期間:2021年7月21日~8月10日
自社調査

お問い合わせ
電話 アイコン
お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル アイコン0120-927-986
受付時間:平日 9:00~18:00
メール アイコン
メールでのお問い合わせ
運営元:株式会社アドテクニカ(会社概要
〒422-8041 静岡市駿河区中田2丁目4-40
TEL 054-280-1670・FAX 054-289-3670
Copyright © AdTECHNICA CO,.LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ISO・プライバシーマーク